アパレルバイトの実態 華やかさの裏で努力も必要

立ち仕事が平気な人しかこなせない

大好きなブランドの洋服に囲まれて働いている店員さんは、みんな笑顔で可愛く見える。特に都心だとカリスマ店員といわれ、あこがれの存在になる事もあるだろう。しかし、そんな可愛い店員さんでも、立ち仕事をしている以上、ある悩みを抱えているのをご存知だろうか。それは、むくみである。女性の大敵であるむくみは、特に立ち仕事をしている女性にしてみると、夕方以降は足がパンパンになってしまって、酷いと立っている事も辛くなる事だってあるのだ。しかし、足が痛いからと言って、不機嫌な表情で接客をする事は出来ない。なので、出来る限り足がむくまないように、きちんと対策を取っているのだ。では、アパレルのアルバイト店員さんは、一体どのような対策を取っているのだろうか。それは、水分は積極的にこまめに飲むようにしているという事。立ち仕事をして、忙しく走り回っていると、水分なんて飲む暇ないのではないかと思われがちだが、逆にお客様と沢山話をする仕事をしている以上、喉は適度に潤わせておかないといけないのだ。しかし、むくみを解消するために、仕事中に何リットルも水分を摂ってしまうと、今度はトイレが近くなってしまうので注意が必要だ。なので、あまり気にしないで、水分を摂るという事にだけ意識を持っていれば十分だろう。そして定期的に足首を回したり、ふくらはぎをポンプを押すように揉むことがむくみ対策となるのだ。このようにアパレルのアルバイト店員さんは、笑顔の裏で大変な努力をしている。アパレルショップでアルバイトをする人は、長時間立っていても平気な人でなければならない。いつも笑顔で接客をする為には、見えない所の努力が必要なのだという事を覚えておこう。

No comments yet Be the first to comment